mogmagWEB トップページ > 献立・レシピ > ひな祭りにぴったり!見た目もかわいい「お雛様寿司」のレシピ

献立・レシピ

ひな祭りにぴったり!見た目もかわいい「お雛様寿司」のレシピ

2019.03.01
ひとみ WRITER

ひとみ

3月3日は、ひな祭り。女の子の健やかな成長を祝う節句です。

少しずつ春の訪れが感じられる、ひなまつりにぴったりの見た目も華やかなレシピをご紹介します。
まるでお雛様のようなかわいらしいお寿司。見た目だけじゃない、味も◎の「お雛様寿司」のレシピです。

ohinasushi_01

お雛様寿司のレシピ

<材料(6人分)>
ohinasushi_03【寿司飯】
○米…3合
○水…480ml
○酒…大さじ1½
○昆布…5g

【合わせ酢】
○大さじ…4½
○砂糖…大さじ3
○塩…小さじ1

【具材】
○かんぴょう…30g
○にんじん…⅔ 本
○干し椎茸…4枚
○水…400cc
○[A]砂糖…大さじ3、酒…大さじ1、醤油…大さじ4、塩…小さじ1

【飾り】
○うずらの卵…12個
○海苔½枚
○にんじん…適量
○きゅうり…適量
○水菜…適量
○たくあん…1枚
○パスタ…1本
○桜でんぶ…適量
○トマトケチャップ…少々
○ブロッコリー○適量
○飾りつきのピック 12本

【薄焼きたまご】
○卵…6個
○砂糖…小さじ6
○塩…6つまみ

<作り方>
ohinasushi_02①:米は洗い1時間浸水させて、ザルに上げておく。干し椎茸は水で戻しておく。

②:寿司ごはんの材料を全て入れてごはんを炊く。

③:【薄焼きたまごを作る】卵1個、砂糖小さじ1、塩1つまみをボウルで合わせてよく溶き、油をひいた丸いフライパンで薄焼きたまごを焼く。この時、ひっくり返したら加熱を止め、1分ほどふたをして余熱で焼くときれいに黄色く仕上がります。
これを6枚分繰り返す。薄焼きたまごの周りをはさみで切るとさらにきれいな仕上がりに!


④:【合わせ酢を作る】材料を全て合わせる。

⑤:【具材を作る】かんぴょうは水洗い後、塩を加えてもんだあと、流水で塩をよく洗い流し、1cmに切る。
椎茸は軸を取り薄切りにする。にんじんは千切りにする。

これらの具材を400ccの水で煮て、沸騰したら弱火にして[A]印の調味料を加え、水分が少なくなるまで時折混ぜながら煮詰める。

⑥:【飾りを作る】
◇おひなさま~にんじんは6個お花の型抜きをして、飾り切りをして頭飾りに。
扇型に6個分切り、扇子を形作る。これらを小鍋に入れ、塩少々を加えてゆでる。
残ったにんじんからピーラーで1枚スライスする。


おだいりさま~きゅうりを6個分輪切りにして、飾り切りをする。これが頭飾りになる。
次にたくあんを調理ばさみを使って切り、しゃくを6個分作る。


⑦:【寿司ごはんを作る】炊き上がったごはんを寿司桶にあけ、④で作っておいた合わせ酢を少しずつ回しかけ、しゃもじで切るように混ぜる。
さらに、⑤の具材の水分をザルで切り、同じくしゃもじで切るように⑥に混ぜ合わせる。

⑧:【形成する】⑦の寿司ごはんで、円錐形のおにぎりを12個作る。
◇おひなさま~3の薄焼きたまごを半分に折りおにぎりに巻くと胴体部分ができる。
巻き終わりを2㎝位に折ったパスタで止めると、崩れにくくなる。
襟元の辺りのたまごとおにぎりの間に、ピーラでスライスしたにんじんを巻く。これを6体分作る。


◇おだいりさま~海苔をはさみを使って半円形に切り、おにぎりに巻くと胴体部分ができる。
襟元の辺りの海苔とおにぎりの間に、水菜を巻く。これを6体分作る。


⑨:【飾る】
◇おひなさま~ピックに頭飾りのにんじん、うずらの卵の順にさし、⑧の胴体部分にさす。
黒ごまで目を付け、爪楊枝の先でトマトケチャップを取り、頬の辺りに色づけると顔のできあがり。
胸元のパスタに扇子型のにんじんをさす。


◇おだいりさま~ピックに頭飾りのきゅうり、うずらの卵の順にさし、⑧の胴体部分にさす。
黒ごまで目を付け、爪楊枝の先でトマトケチャップを取り、頬の辺りに色づけると顔のできあがり。
胸元にしゃく型のたくあんをつける。


⑩:皿に桜でんぶを振り、おだいりさまと、おひなさまを置いてブロッコリーを両サイドに飾ったらできあがり。

たくあんや、にんじん、きゅうり、水菜などの飾りは、ハムやチーズ、何か冷蔵庫の中にある余り野菜などで代用できます。

SHARE

WRITER

お料理教室’PAGE1’主宰/健康食コーディネーター。

シェフ料理ではなく、シュフ料理をモットーに、札幌にある自宅でレッスンしています。手軽に作れて、おいしく、彩りの良いオシャレな盛り付けが好評。
札幌出身。幼い頃、母と初めて卵焼きを作ったその日から、お料理が好きになりました。短大を卒業後は、大手化粧品会社で、ビューティーコンサルタントとして活動し、お客様の笑顔を見ることがよろこびでした。現在は、2男1女の子育てに奮闘中。お母さんたちの、日々の食事作りがもっと楽しくなるように、また、それを食べる子供たちが健康で、笑顔になるように、手軽でマネしてみたくなるようなポイントや、テクニックをご紹介していきます。

Instagramもご覧ください。
↓ ↓ ↓

https://www.instagram.com/hitto.4/?hl=ja

主な記事

WHAT'S NEW

最新の記事はこちら

2020.04.22

春の旬食材〜大地の恵みで春の到来を堪能しよう!

新ニンジン 春先に出回るニンジンを「新ニンジン」と呼びます。
ニンジンに含まれるカロ…

暮らしと食
2020.04.10

mogmag(モグマグ)配布・設置場所のご案内

いつもmogmagをご覧いただきありがとうございます。
読者の皆さまからお問い合わせの多…

おいしい本
2020.04.10

2020年1月号 読者の皆さまからのメッセージと編集長からのお返事

1月発行のモグマグ冬号に、読者の皆様からたくさんの声をいただきました!その一部をご紹介いたしま…

おいしい本
2020.04.10

食育フリーマガジンmogmagを一緒につくるモグマグサポーターを募集します!

「味覚は3歳までに作られる」という言葉を聞いたことがありますか? 人の味覚形成に大切な乳幼児期に…

暮らしと食
2020.04.10

「おうち時間を豊かにする小麦粉の世界」mogmag2020年春号発行のお知らせ

ほかほかのホットケーキに焼きたてパン、
熱々をフーフーしながらほおばるお好み焼き、

おいしい本
2020.03.23

ほんのりピンクのリンゴジャムのレシピ〜子どもと楽しむ#あまい時間

管理栄養士・料理研究家で一児のママである井澤綾華さんに教わるお砂糖レシピ。
お砂糖は吸…

献立・レシピ

記事をもっとみる

ページトップへ