mogmagWEB トップページ > 献立・レシピ > ひとみのお悩み解決レシピvol.6〜「お魚嫌い克服レシピ」編

献立・レシピ

ひとみのお悩み解決レシピvol.6〜「お魚嫌い克服レシピ」編

2019.04.01
ひとみ WRITER

ひとみ

大人にとっても子どもにとっても、楽しみなごはんの時間。
好き嫌いなく、元気に育ってほしいという親の願いとは裏腹に、好き嫌いの多いわが子に頭を悩ませるママや、必要な栄養素をどうやって取り入れたら良いの?というママも多いのでは?
そこで、健康食コーディネーターで、お料理教室PAGE1を主宰するひとみのお悩み解決レシピをご紹介します。

6回目のテーマは、「お魚嫌い克服」です。
良質なタンパク質や、頭の働きを活性化するといわれるDHA、歯や骨を丈夫にするカルシウムなど、体にうれしい栄養素がたっぷり含まれるお魚ですが、パサパサとした食感や、独特の生臭さ、内臓の苦味など苦手な理由はさまざま。
そこで今回は、下処理の仕方や薬味を使うなど、ちょっとした調理の工夫で、ぐっとお魚が食べやすくなるレシピをご紹介します。

hitomi_main

タラを子どもでも食べやすい使ったレシピ

まずは、タラを使ったレシピを2品ご紹介します。
身がプリプリで骨も少ないタラは、お魚のパサッとした食感が苦手な子にも食べやすいお魚。
子どもが大好きなマヨネーズを使ったり、甘辛い味付けにすることで、より食べやすくしています。

タラのマヨネーズ焼き

hitomi6_3<材料>
○タラの切り身…3切れ
○塩…少々
○こしょう…少々
○玉ねぎ…1個
○キャベツ…1/8玉
○えのき茸…1/2袋
○レモン…1/2個~1個
○マヨネーズ…大さじ3
○ゆず胡椒…適量
○とろけるチーズ…60g

 

<作り方>
①:玉ねぎは薄いくし切り、キャベツは粗めの千切り、えのき茸は長さを半分に切って、耐熱皿にのせ、軽く塩こしょうを振る。その上に、輪切りにしたレモン6枚をのせる。
②:タラは6等分にし、軽く塩こしょうをして、①のレモンの上にのせる。
③:子ども用にはマヨネーズ、大人用にはマヨネーズとゆず胡椒を混ぜたものをタラの上に塗り、上からとろけるチーズを散りばめる。
④:180℃に予熱したオーブンで20分くらい焼いてできあがり。(魚の大きさや、機種によって焼き時間を調整してください。)
※仕上げにドライパセリを散りばめるとよりおいしそうに◎

[PR]◎愛飲者300万人の美味しい血糖値対策◎

タラ南蛮

hitomi6_2<材料>
○タラの切り身…3切れ
○小麦粉…適量
たまご…1個
揚げ油…適量
塩…適量 


【甘酢】

砂糖…大さじ1と1/2
酢…大さじ2
しょうゆ…大さじ1


【タルタルソース】

たまご…1個
玉ねぎ…(おろしで)小さじ1
マヨネーズ…大さじ4

砂糖…小さじ1/2
酢…小さじ1/2
ドライパセリ…小さじ1
こしょう…少々

 

<作り方>
①:タラは一口大に切り、軽く塩を振る。タルタルソース用のたまごをゆでておく。玉ねぎはおろし金ですりおろす。
②:①のタラに小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせる。
③:揚げ油を180℃に熱し、②を入れてカラリと揚げる。
④:【甘酢を作る】ボウルに甘酢の材料を入れ、混ぜたらできあがり。
⑤:③の粗熱が取れたら、甘酢をからませ、お皿に盛りつける。
⑥:【タルタルソースを作る】ゆでたまごはフォークなどで細かくし、残りの材料を加えて混ぜ合わせたらできあがり。
⑦:⑤にタルタルソースをたっぷりかけてできあがり。

マヨネーズ焼きと南蛮の2品は、タラの代わりに、鮭やマスでもおいしくいただけます◎
それぞれのお魚のおいしい季節に合わせて、試してみてくださいね^^

 

サンマを食べやすくする魔法のレシピ

3品目は、独特な生臭さが苦手な方も多い青魚を使った一品をご紹介します。
魚の生臭さは、下処理をしっかりしたり、にんにくや生姜などの薬味を使うことで軽減されるのです!
トマトの酸味とニンニクの風味で、グッと食べやすくなるサンマのトマトソースがけです。

サンマのトマトソースがけ

hitomi6_1<材料>
○サンマ…4尾
塩…少々
こしょう…少々
片栗粉…適量
油…適量

【トマトソース】
トマトの水煮…150g
にんにく…1片
オリーブオイル…大さじ1
塩…少々
こしょう…少々


<作り方>

①:にんにくはみじん切りにし、サンマは3枚におろしよく洗う。
②:1尾を6枚に、合計24枚に切る。軽く塩を振って数分おき、出てきた汁をしっかり拭き取る。(生臭さが軽減されます。)
③:軽くこしょうを振り、片栗粉をまぶす。
④:温めていないフライパンにオリーブオイルとにんにくをいれ弱火にし、にんにくの香りが立つまで炒める。
⑤:④にトマトの水煮を加えて中火にし、少しとろみがつくまで混ぜながら加熱し、塩こしょうで味を整える。
⑥:別のフライパンに少し多めの油を入れて、加熱し③を並べて両面焼く。
⑦:お皿に⑥を盛り付けて、上からトマトソースをかけてできあがり。


<Point>

サンマは、3枚おろしの状態で売っているものでOK。鮮魚コーナーで、おろしてくれるところもあるので、お願いしてみても◎
サンマの代わりにサバやイワシでも、おいしくできます。

mgmg02

【お悩み別】お魚を食べやすくする工夫まとめ

生臭さや苦味がニガテ…

よく洗い、塩を振って数分してから出てきた水分を拭き取る。
にんにくや生姜など、薬味を使うことでおいしく食べやすくなります。

パサパサした食感が苦手…

加熱のしすぎに気を付けたり、揚げ物にしてみるのも◎
脂ののった旬の時期のお魚を選ぶことも、ひとつの方法です。

骨が面倒…

タラやカレイなど、骨の少ない種類を選ぶ。骨の少ないしっぽの方を食べさせてあげる。
子どもが小さいうちは、調理の際に骨抜きを使って骨を取り、徐々に骨の取り除きかたを教えながら一緒に食べるのもいいと思います。

mgmg02

いかがでしたか?ちょっとした工夫で、ぐっと食べやすくなるお魚。栄養バランスが良いので、日々のごはんに上手に取り入れたいですね^^
今回ご紹介したレシピは、お魚の種類でアレンジがきくので、ぜひ色々と試してみてくださいね。

SHARE

WRITER

お料理教室’PAGE1’主宰/健康食コーディネーター。

シェフ料理ではなく、シュフ料理をモットーに、札幌にある自宅でレッスンしています。手軽に作れて、おいしく、彩りの良いオシャレな盛り付けが好評。
札幌出身。幼い頃、母と初めて卵焼きを作ったその日から、お料理が好きになりました。短大を卒業後は、大手化粧品会社で、ビューティーコンサルタントとして活動し、お客様の笑顔を見ることがよろこびでした。現在は、2男1女の子育てに奮闘中。お母さんたちの、日々の食事作りがもっと楽しくなるように、また、それを食べる子供たちが健康で、笑顔になるように、手軽でマネしてみたくなるようなポイントや、テクニックをご紹介していきます。

Instagramもご覧ください。
↓ ↓ ↓

https://www.instagram.com/hitto.4/?hl=ja

主な記事

WHAT'S NEW

最新の記事はこちら

2019.11.11

人気のママインスタグラマーさんも作ってくれました♪ てん菜の一大産地 北海道で楽…

日に日に寒さが増し、冬の気配が近づいてきましたね。おうちで過ごす時間が増えてくる時期に、親子でお…

子どもの食育
2019.11.11

優しい甘さ「さつまいものパンケーキ」のレシピ

管理栄養士・料理研究家で一児のママである井澤綾華さんに教わるお砂糖レシピ。 お砂糖は吸収が早い…

献立・レシピ
2019.11.11

お鍋だけじゃない!?栄養たっぷりの白菜(はくさい)で寒い冬を乗り切ろう!

寒い冬は、お鍋がおいしい季節ですね。お鍋の具の定番と言えば皆さんは何を想像しますか?私はやっぱり…

食材辞典
2019.11.10

大根役者と呼ばないで!和にも洋にも離乳食にも使える大根の意外な…

一年中スーパーの野菜コーナーで見られる大根。おでんや煮物など『和』のイメージが強いですが、煮る、…

食材辞典
2019.11.10

赤ちゃんから楽しめる絵本「おいしい絵本」その4〜モグマグスタッフおすすめ!

今回は、赤ちゃんから楽しめる絵本モグマグスタッフそれぞれの視点でご案内してきたおいしい食べもの絵…

おいしい本子どもの食育
2019.11.09

「おいしい絵本」その3〜モグマグスタッフおすすめ!親子で読みたい絵本〜

「ぐりとぐら」のカステラ、「しろくまちゃんのホットケーキ」、
絵本の中にはおいしそうな…

おいしい本

記事をもっとみる

ページトップへ