fbpx

mogmagWEB トップページ > 献立・レシピ > ひとみのお悩み解決レシピvol.4〜「美肌プレート」編

hitomi_honbun_biyou
献立・レシピ

ひとみのお悩み解決レシピvol.4〜「美肌プレート」編

2018.12.26
ひとみ WRITER

ひとみ

hitomi_honbun_biyou

子どもたちや家族が生き生きと楽しく過ごせるように、自分のことは後回しでがんばってしまうママも多いのでは?
けれど、年を重ねてもキレイでかわいくありたいのもママの本音。

日々を慌ただしく過ごすママにも取り入れやすい「美容・美肌レシピ」を健康食コーディネーターで、お料理教室PAGE1を主宰するひとみが、エールの気持ちを込めてご紹介します。
ママだけでなく、子どもにも食べやすいように工夫しましたので、お楽しみに!

hitomi4_5

まずご紹介するのは、鮮やかな赤色が特徴で「食べる輸血」と言われるほど栄養豊富な「ビーツ」を使ったレシピです。

hitomi4_3

みなさんはビーツ、食べたことがありますか?
珍しい野菜だと、「どう食べたらいいの?」という疑問もありますよね。
意外にもクセが少ないので、調理しやすく食べやすい食材なんです。最近は、野菜コーナーや、水煮になってパックや缶詰の状態で売られています。

最初のレシピは、ビーツと、カッテージチーズを使った一品です。

◎ビーツのバジルソース炒め
【ビーツを摂ることで期待できる美容効果がいっぱい】

hitomi4_4ビタミンB・E・Cが多く、NO(一酸化窒素)が含まれているので、
血行がよくなり、新陳代謝がアップ!それにより、美肌効果が期待でき、ダイエットの味方にもなると言われています。
食物繊維やオリゴ糖がたっぷりで、便秘解消効果も期待できる他、ビーツの赤い色素であるベタシアニンは、アンチエイジング効果があると言われています。

今回ビーツと合わせたカッテージチーズには、糖質の代謝を助けエネルギーを作り出し、疲労回復に役立つと言われているビタミンB1が含まれていますよ。

<材料:4人分>

○ビーツ …1個
○ナス …1本
○赤パプリカ …1個
○ピーマン …1個
○バジルソース …50g
(市販のものでもいいですし、手作りなら”お手軽野菜収穫&レシピ編”参照)
○牛乳 …500ml
 …大さじ3

こしょう
パセリ

<作り方> 

①:ビーツ、ナス、赤パプリカ、ピーマンは、1cmの角切りにする。

hitomi4_2

②:フライパンにバジルソースをいれ弱火で温め、にんにくの香りがたってきたらビーツを炒
める。火が通ってきたら、残りの野菜を加えて炒め、塩やこしょうで味を整えたら、皿に盛
りつける。
③:カッテージチーズを作る。別の鍋に牛乳を入れて温める。目安は、なべ肌に小さな泡がプ
ツプツ出るくらい。
④:火を消して酢を入れる。素早く混ぜて、少しおく。

hitomi4_1⑤:しばらくすると豆腐のようなものと、黄色がかった水分に分離するので、ボウルにキッチ
ンペーパーを敷いたざるをのせ、なべの中のものを流し込み、濾す。キッチンペーパーに
残ったものがカッテージチーズ。ちぎって②に散らす。仕上げにパセリも散らすと彩り豊か
に仕上がる。

※⑤で分離した水分は、ホエーといって栄養がたくさん含まれているので、捨てないで下さ
い。ホエーを使った身体想いのおいしいドリンクレシピをご紹介します。

【残りものに栄養たっぷり?!ホエーを使ったドリンク】

◎ホエードリンク

hitomi4_6カッテージチーズを作る際に出る黄色がかった水分=ホエー。
栄養たっぷりなので、残さず活用しておいしいドリンクでいただきましょう。

<材料>

○ホエー 120ml
○はちみつ 大さじ2
○生姜のすりおろし 小さじ1
○レモン汁 小さじ1⁄2
○氷

<作り方>

①:グラスに、氷以外の全ての材料を入れてよくかき混ぜる。
②:氷を入れてできあがり。
※ホットで作るときは氷の代わりに、ホエーを50mlくらい足して、お鍋で温めて作って下さい。

【ホエー+はちみつ+生姜=ホッと一息】

寝つきが悪くて困っている・・そんなママに摂ってもらいたいのが安眠効果のあるセロトニンです。
ホエーに含まれるトリプトファンというアミノ酸は、このセロトニンの分泌に欠かせない成分。セロトニンが不足すると、不安定になったり寝つきが悪くなることがあると言われています。
このため、ホエーでセロトニンを補うことで、安眠効果が得られると考えられているのです。

ホエードリンクに加えた生姜には、血行を良くして身体を温めると言われているジンゲロールという成分が含まれています。
このジンゲロールは、加熱することでショウガオールという成分に変化し、生理痛の緩和が期待できるといわれていますので、生理痛にお悩みの方はホッとにして飲むのがオススメ。
はちみつを加えることで優しい味わいになり、ミネラルも取り入れることができますよ。
これからの季節にオススメのホエードリンク、ぜひ作ってみてくださいね!


【美肌に、疲労回復にうれしい鶏胸肉を使ったレシピ】

◎鶏むね肉のしっとり酒蒸し

hitomi4_7

二品目は、パサパサしがちな鶏むね肉を、しっとりおいしく食べられて、あっという間にできちゃうレシピをご紹介します。

<材料:4人分>

○鶏むね肉 1枚
○A(塩 小さじ1、重曹 小さじ1、水 400ml)
○酒 大さじ2
○塩 小さじ1位

<作り方>

①:ビニール袋にAを入れよく混ぜる。
②:①に鶏むね肉を入れて、空気を抜き、口をしばって6時間~2日間漬け込む。これによ
り、しっとりした仕上がりになります。
③:水気を軽く切った鶏むね肉を耐熱皿にのせ、酒と塩を振る。
④:ふんわりとラップをして、電子レンジ600Wで3分、ひっくり返して2分くらい加熱す
る。(肉の大きさによって加熱時間が異なります。)
⑤:粗熱がとれたら、手でさいて、汁に浸して味がなじんだらできあがり。

鶏むね肉には、美肌の素と言われるコラーゲンや、優れた疲労回復効果があるといわれるイミダペプチドが含まれています。
モモ肉に比べて価格も低いので、毎日がんばっているママにぜひ取り入れてもらいたい食材のひとつです。

【皮ごと食べて栄養をあまさずいただく、さつまいものレシピ】

◎コロコロ大学芋

hitomi4_8

三品目は、おやつ感覚で子どもと一緒に食べられる、さつまいもを皮ごと使ったレシピをご紹介します。

<材料>

○さつまいも …中2本
○黒ごま …適量
○サラダ油 …大さじ3
○A(砂糖 …大さじ2、みりん …大さじ2、しょうゆ …大さじ1)

<作り方>

①:さつまいもを1センチ角に切って、水に10分さらす。アクが抜けて、きれいな色に
仕上がります。
②:①をざるにあげて、キッチンペーパーで水気をよく拭き取る。
③:中火で熱したフライパンにサラダ油を加えて、2も加え、表面がきつね色になり、竹串が
通るまで炒める。
④:弱火にしてAを加え、絡ませるようにして炒める。
⑤:最後に黒ごまをふりかけて、軽く混ぜたらできあがり。


食物繊維が豊富なさつまいもですが、それだけじゃないんです。
ビタミンB、C、E、カリウムも含まれている他、さつまいもを切ると白い乳液状のものが出てきますよね。「ヤラピン」というこの成分、腸の働きを活発にして便を促す効果があり、食物繊維との相乗効果で便秘解消に効果的と言われているんです。
皮にはポリフェノールがたっぷりと含まれているので、ぜひ捨ててしまわず、皮ごと味わってみてくださいね。

ママが元気で笑顔でいることが、家族の元気に繋がっていく。
日々の食事から”キレイ”の補給をして、ママライフを楽しみませんか?
今回ご紹介したレシピをぜひお試しください!

SHARE

WRITER

お料理教室’PAGE1’主宰/健康食コーディネーター。

シェフ料理ではなく、シュフ料理をモットーに、札幌にある自宅でレッスンしています。手軽に作れて、おいしく、彩りの良いオシャレな盛り付けが好評。
札幌出身。幼い頃、母と初めて卵焼きを作ったその日から、お料理が好きになりました。短大を卒業後は、大手化粧品会社で、ビューティーコンサルタントとして活動し、お客様の笑顔を見ることがよろこびでした。現在は、2男1女の子育てに奮闘中。お母さんたちの、日々の食事作りがもっと楽しくなるように、また、それを食べる子供たちが健康で、笑顔になるように、手軽でマネしてみたくなるようなポイントや、テクニックをご紹介していきます。

Instagramもご覧ください。
↓ ↓ ↓

https://www.instagram.com/hitto.4/?hl=ja

主な記事

RECOMMEND POST

オススメ記事

WHAT'S NEW

最新の記事はこちら

nanakura_main
2019.03.12

「いろんなお母さんがいていい」ーナナクラ昆布木村真依子さんの“自分らしさ”を大切…

モグマグでは、ママならではの「子どもとの食を楽しむヒント」を届けたいという思いから、現役の子育て…

暮らしと食
ohinasushi_01
2019.03.01

ひな祭りにぴったり!見た目もかわいい「お雛様寿司」のレシピ

3月3日は、ひな祭り。女の子の健やかな成長を祝う節句です。少しずつ春の訪れが感じられる、ひなまつ…

献立・レシピ
iwai_main
2019.02.28

一杯のコーヒーで産前産後もやすらぎのひと時を。いわい珈琲インタビュー

一杯のコーヒーで、ホッと一息入れる時間を。
慣れない産前産後の生活の中でも、そんな安ら…

暮らしと食
temarizushi_01
2019.02.27

ひな祭りにぴったり!見た目も華やかな「てまりずし」レシピ

3月3日は、ひな祭り。女の子の健やかな成長を祝う節句です。少しずつ春の訪れが感じられる、ひなまつ…

献立・レシピ
hitomi_honbun_aona
2019.02.11

ひとみのお悩み解決レシピvol.5〜「青菜嫌い克服」編

大人にとっても子供にとっても、楽しみなごはんの時間。
好き嫌いなく、元気に育ってほしい…

献立・レシピ
balentine_vol2_main
2019.02.06

生チョコタルトのレシピ[子どもと一緒に作りたい“とっておき”チョコレートレシピ②…

2/14はバレンタインデー。
恋人たちの愛の誓いの日とされるこの日は、世界各地で様々な…

献立・レシピ

記事をもっとみる

ページトップへ