fbpx

mogmagWEB トップページ > 献立・レシピ > ひとみのお悩み解決レシピvol.3〜トマト嫌い克服レシピ編

hitomi_honbun_tomato
献立・レシピ

ひとみのお悩み解決レシピvol.3〜トマト嫌い克服レシピ編

2018.12.11
ひとみ WRITER

ひとみ

hitomi_honbun_tomato

大人にとっても子供にとっても、楽しみなごはんの時間。好き嫌いなく、元気に育ってほしいという親の願いとは裏腹に、好き嫌いの多いわが子に頭を悩ませるママや、必要な栄養素をどうやってお料理に取り入れたら良いの?

というママも多いのでは? そこで、健康食コーディネーターで、お料理教室PAGE1を主宰するひとみのお悩み解決レシピをご紹介します!

3回目の今回は「トマト嫌い克服レシピ」です。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど栄養価の高いトマト。
ですが、意外にも子どもが嫌いな野菜ランキングで、4位に入っているのです。

理由としては、「酸味」「食感」「匂い」などがあげられていました。(2017年カゴメによる調査より)
トマトの酸味のもとは、クエン酸やリンゴ酸。胃液の分泌を促進し、食欲を増進する効果があると言われていて、夏バテに効果的なんです。

せっかくなら上手に活用したいですよね。
酸味が苦手という人にオススメなのが加熱調理!
酸味がやわらぐだけでなく、加熱調理をすることは、抗酸化作用のあるリコピンの吸収率が高まるといわれています。
さらに風邪予防やストレスに対する免疫力が高まるといわれている、ビタミンAやCも含まれているので、元気な体づくりのためにも、毎日のごはんに取り入れたい食材なのです!
今回は、アレンジ可能なミートソースをはじめ、トマトが食べやすくなる3つのレシピをご紹介します。

基本のミートソースレシピ~「酸味」「食感」「匂い」が苦手な方に!

hitomi3_1フードプロセッサー(お持ちでなければ、すりおろしでOK!)で、形がなくなりますし、お肉の旨味や野菜の甘味で、トマト特有の酸味や匂いが上手に消えます!

<材料>

○挽き肉(豚or合挽き) …150g
○玉ねぎ …1/2個
○にんじん …1/3本
○セロリ(葉もOK) …15g
○トマト缶 …40g
○トマトケチャップ …80g
○ビーフシチューの素 …1/2片
○酒大さじ …1
○塩 …少々
○こしょう …少々

<作り方>

①:玉ねぎ、にんじん、セロリは、適当な大きさに切って、トマト缶と一緒にフードプロセッサーに入れ、形がなくなるまでかける。(フードプロセッサーの代わりにすりおろしてもOK)
②:フライパンに油(分量外)を熱し、挽き肉に酒を振りかけて炒める。
③:挽き肉に火が通ったら、1を加えて炒める。
④:グツグツしてきたら、ビーフシチューの素、ケチャップを加え、味をみて塩こしょうで味を整える。
⑤:鍋帽子などに包み、2~3時間保温調理する。(厚手のバスタオルで代用できます。その場合、蓋をしたお鍋を新聞紙で包んでからバスタオルでくるみます。)

☆数多くのメニューにリメイクできる優れものです!
例えば、パスタにかけるだけでなく、ごはんにかけたり、食パンやピザ生地にのせて、チーズをのせればピザに!ラザニアや、コロッケの具としてもおいしく召し上がれますよ!

hitomi3_2写真は、リメイクメニュー「ミートソースのパリパリ包みあげ」です。
シュウマイの皮でミートソースと、とろけるチーズを包んで油で揚げました。チーズが入ることでさらに食べやすくなりますよ!

hitomi3_3もう一枚は、リメイクメニューの「ポテトミートソースごはん」です。
ゆでたじゃがいも2つをつぶし、マヨネーズ大さじ3、水大さじ6、塩少々、砂糖少々を加えて滑らかなポテトクリームを作り、器に、ごはん→ミートソース→ポテトクリーム→とろけるチーズの順に重ねて200度のオーブンで10分ほど焼き上げました。

mgmg02

バターチキンカレー~「酸味」「食感」「匂い」が苦手な方に 

hitomi3_4トマトジュースを使います。カレーやバターの香りがしっかりするので、トマトの味や香りが気になりません!

<材料>

○鶏もも肉 …2枚
○にんにく …1片
○生姜 …1片
○玉ねぎ …1玉
○にんじん …1本 

○トマトジュース …500cc
○水 …200cc
○牛乳 …500cc
◇(マヨネーズ …大さじ2、無糖ヨーグルト …100cc、カレー粉 …大さじ1)
☆(カレー粉 …大さじ2、コンソメ …1個、砂糖小さじ …4、塩小さじ …1/2くらい)
○こしょう …少々
○バター …20g

<作り方>

①:鶏肉を一口大に切り、玉ねぎとにんじんは、みじん切りにする。
②:袋の中に①の鶏肉と、◇印の材料を入れてよく揉み、しっとり柔らかくするため、30分以上寝かせる。
③:冷たい鍋に油(分量外)、すりおろしたにんにくと生姜を入れ、弱火で炒める。香りがたってきたら、玉ねぎを加え、中火で軽く炒める。
④:トマトジュースと水を加え、沸騰させる。
⑤:さらに牛乳と☆印を加え、弱火で煮込む。
⑥:②をたれごと全て加え、弱火で蓋をして10分、次に蓋を開けて30分弱火で煮込む。
⑦:砂糖、塩、こしょうで味を整え、バターを加えて溶かすと出来上がり。

mgmg02

まるごとオニオンチーズスープ~「酸味」「匂い」が苦手な方に!

_hitomi3_5玉ねぎの甘味と、ベーコンのコクがおいしい、やさしいお味のスープ。チーズを乗せることで、トマトの酸味や匂いをまろやかにし、食べやすくします。

<材料:4人分>

○玉ねぎ …4個
○ベーコン …6枚くらい
○水 …1リットル
○コンソメ …2個
○とろけるスライスチーズ …4枚
○ミニトマト …12個(大きいものもOK。角切りで準備)
○パセリのみじんぎり
○塩
○黒こしょう

 

<作り方>

①:玉ねぎの皮をむき、根の方は、包丁を使いくりぬく。頭の方に十文字の切れ目を入れる。ベーコンは適当な大きさに切っておく。
②:お鍋に1リットルの水とコンソメ、玉ねぎ、ベーコンをいれ、お皿で落し蓋をして、お鍋のふたをして、煮たたせる。
③:トマトを湯むきし、半分に切る。(沸かしたお湯にトマトを10秒ほど入れた後、冷水に浸けると、スルっときれいに皮がむけますよ!)
④:蓋をはずして、中火で30分煮る。スープの味が薄いようであれば、もう少し煮る。
⑤:トマトを加えて蓋をして10分おく。
hitomi3_7⑥:器に玉ねぎを盛り付け、玉ねぎの上や横にトマトをもりつけて、とろけるスライスチーズをのせる。
⑦:⑥の上から熱々にしたスープをかけるとチーズが溶け出す。パセリと黒こしょうをかけたらできあがり。

時間のある時に多めにつくって、小分けに冷凍ストックしておくと便利。ぜひ作ってみてくださいね。
苦手なものを食べられると、子どもにとっても自信につながるもの。
「ママ、おいしかったよ!」の笑顔があふれますよう!!

SHARE

WRITER

お料理教室’PAGE1’主宰/健康食コーディネーター。

シェフ料理ではなく、シュフ料理をモットーに、札幌にある自宅でレッスンしています。手軽に作れて、おいしく、彩りの良いオシャレな盛り付けが好評。
札幌出身。幼い頃、母と初めて卵焼きを作ったその日から、お料理が好きになりました。短大を卒業後は、大手化粧品会社で、ビューティーコンサルタントとして活動し、お客様の笑顔を見ることがよろこびでした。現在は、2男1女の子育てに奮闘中。お母さんたちの、日々の食事作りがもっと楽しくなるように、また、それを食べる子供たちが健康で、笑顔になるように、手軽でマネしてみたくなるようなポイントや、テクニックをご紹介していきます。

Instagramもご覧ください。
↓ ↓ ↓

https://www.instagram.com/hitto.4/?hl=ja

主な記事

WHAT'S NEW

最新の記事はこちら

tenkatouitu_honbun
2019.11.11

人気のママインスタグラマーさんも作ってくれました♪ てん菜の一大産地 北海道で楽…

日に日に寒さが増し、冬の気配が近づいてきましたね。おうちで過ごす時間が増えてくる時期に、親子でお…

子どもの食育
ayaka_recipe10_main
2019.11.11

優しい甘さ「さつまいものパンケーキ」のレシピ

管理栄養士・料理研究家で一児のママである井澤綾華さんに教わるお砂糖レシピ。
お砂糖は吸…

献立・レシピ
e30b2220b96e086c36a97b3f4aed4ec4_m
2019.11.11

お鍋だけじゃない!?栄養たっぷりの白菜(はくさい)で寒い冬を乗り切ろう!

寒い冬は、お鍋がおいしい季節ですね。お鍋の具の定番と言えば皆さんは何を想像しますか?私はやっぱり…

食材辞典
219d556d41893d961fa6edaab8b0f577_m
2019.11.10

大根役者と呼ばないで!和にも洋にも離乳食にも使える大根の意外な…

一年中スーパーの野菜コーナーで見られる大根。おでんや煮物など『和』のイメージが強いですが、煮る、…

食材辞典
ehon04
2019.11.10

赤ちゃんから楽しめる絵本「おいしい絵本」その4〜モグマグスタッフおすすめ!

今回は、赤ちゃんから楽しめる絵本モグマグスタッフそれぞれの視点でご案内してきたおいしい食べもの絵…

おいしい本子どもの食育
03-00
2019.11.09

「おいしい絵本」その3〜モグマグスタッフおすすめ!親子で読みたい絵本〜

「ぐりとぐら」のカステラ、「しろくまちゃんのホットケーキ」、
絵本の中にはおいしそうな…

おいしい本

記事をもっとみる

ページトップへ