fbpx

mogmagWEB トップページ > 暮らしと食 > 今日からできる!きれいな盛り付け3つのポイント

moritsuke_01
暮らしと食献立・レシピ

今日からできる!きれいな盛り付け3つのポイント

2018.02.16
ひとみ WRITER

ひとみ

moritsuke_01

お料理は、おいしさや栄養だけでなく、見た目も楽しみたいもの。
でも、なにをどうすれば、おいしそうな盛り付けになるか、わかないという方も多いのでは?

そこで今回は、ちょっとしたポイントに気を付けるだけで、毎日のお料理が見違える?!基本的な盛り付けのポイントを3つご紹介します。

ポイント1 『余白は3割ほど残す』

食器からあふれんばかりに盛り付けると、ボリューム感ばかりが目立ち少し粗雑な印象になりがちです。
逆に、余白がありすぎても、物足りないお料理に見えてしまうもの。
余白を3割ほど作ると、それぞれのお料理が際立ち、おいしそうに見えますよ。


ポイント2 『高さを出す』

moritsuke_02器にそのまま流し込むだけだと、平坦な印象になりがちですが、中央に高さを出すように意識して盛り付けると、それだけでおいしそうに見えます。


パスタなども、トングでくるくると巻くように中央を高く盛り付けると、お店のような仕上がりに。
また、ワンプレートの場合は、小鉢などを重ねて、「皿on皿」で高低差を出すと、ポイントができることでバランスが整えられ、美しくなります。


ポイント3 『彩りの基本は、信号機!~赤、黄、緑』

moritsuke_03彩りの基本として、覚えておきたいのが、「赤、黄、緑」の3色。カラフルで目にも楽しくなり、おススメです。
栄養のバランスも整います。さらにオシャレ感がアップしますよ。


例えば、肉じゃがだと、きぬさやや、グリーンピースなどで緑を加えると、パッとあざやかな印象に。
パスタやシチューには、ドライパセリを仕上げにふりかけるだけで、オシャレ感がアップします。


基本の3色となる食材の例としては、
◎赤なら : トマト、ハム、ニンジン、赤パプリカなど
◎黄なら : カボチャ、コーン、黄パプリカなど
◎緑なら : 枝豆、レタス、万能ねぎ、ドライパセリ、グリーンピースなど
があげられます。

食材で補えなっかた色は、お皿の色や、ピックなどを利用するのもおススメです。
鮮やかな色味や、白っぽいお料理は、黒いお皿に盛り付けると、お料理が締まって、より一層きれいに見えますよ。


基本の3色以外の例だと、
「白、緑、紫」を、白はかぶ、緑はベビーリーフ、紫は紫玉ねぎでサラダに。
黒いお皿に盛り付けると、紫色が引き立ち、より一層きれいに見えます。

ちょっとしたポイントを意識するだけで、いつものご飯が目でも楽しめるのものに。

わたし自身は、小さいころから、空間をコーディネートすることが大好きで、化粧品会社でビューティーコンサルタントとして活動していたころは、お客様のお顔をキャンバスとして、ひとつの作品を作り上げていくような気持ちでした。
それが今は、お皿がキャンバスになり、見た目も楽しめるように仕上げることが、お料理の楽しみのひとつでもあります。

見た目がおいしそうだと子供の反応も変わってくるかも?!まずは、少し余裕のある週末にチャレンジしてみては?

 

SHARE

WRITER

お料理教室’PAGE1’主宰/健康食コーディネーター。

シェフ料理ではなく、シュフ料理をモットーに、札幌にある自宅でレッスンしています。手軽に作れて、おいしく、彩りの良いオシャレな盛り付けが好評。
札幌出身。幼い頃、母と初めて卵焼きを作ったその日から、お料理が好きになりました。短大を卒業後は、大手化粧品会社で、ビューティーコンサルタントとして活動し、お客様の笑顔を見ることがよろこびでした。現在は、2男1女の子育てに奮闘中。お母さんたちの、日々の食事作りがもっと楽しくなるように、また、それを食べる子供たちが健康で、笑顔になるように、手軽でマネしてみたくなるようなポイントや、テクニックをご紹介していきます。

Instagramもご覧ください。
↓ ↓ ↓

https://www.instagram.com/hitto.4/?hl=ja

主な記事

WHAT'S NEW

最新の記事はこちら

ayaka_recipe08_main
2019.08.08

ママ管理栄養士 井澤綾華の子どもと楽しむ#あまい時間 〜キャラメルハニーポップコ…

管理栄養士・料理研究家で一児のママである井澤綾華さんに教わるお砂糖レシピ。
お砂糖は吸…

献立・レシピ
tenkatouitu_honbun
2019.08.08

人気のママインスタグラマーさんも作ってくれました♪ てん菜の一大産地 北海道で楽…

昼夜を問わず蒸し暑い日がつづく日々。
のどを潤してくれる、ひんやり冷たい飲みものは子ど…

子どもの食育
izawa_main2
2019.08.05

子育ても仕事もチャレンジ精神で広がる楽しみの幅 ーー管理栄養士 井澤綾華さんの食…

モグマグでは、ママならではの「子どもとの食を楽しむヒント」を届けたいという思いから、現役の子育て…

暮らしと食
photocon2019_honbun
2019.08.01

【夏本番!フォトコンテスト 実施中!】写真におさめた夏の思い出を投稿して、おいし…

写真におさめた夏の思い出を投稿して、おいしい北海道食材をゲットしよう♪暑い日差しが降り注ぐここ数…

子どもの食育
tenkatouitu_honbun
2019.07.23

砂糖は本当に悪者? てん菜の一大産地 北海道で楽しみたい、おやこの#あまい時間

「砂糖」と聞くと、みなさんはどんなイメージを持っていますか?「太る」「虫歯の原因」「糖尿病の原因…

暮らしと食
girigiri_honbun_15
2019.07.22

[15-暑い日は…]子育て4コマ漫画〜お腹いっぱい!大きくなあれ〜byギリギリマ…

登場人物紹介…

暮らしと食

記事をもっとみる

ページトップへ